メイン画像

5-ALAを知らないなら人生を損している!

5-ALAを知らないなら人生を損している!


5-ALA(5-アミノレブリン酸)は長崎大学とネオファーマジャパン社の共同研究によって
新型コロナウイルス(COVID-19/SARS-Cov-2)の増殖を100%阻害すると確認された。

さらにこれまで発生した全ての変異株
  • アルファ株
  • ベータ株
  • ガンマ株
  • デルタ株
  • オミクロン株
これらすべての厄介な変異種すべてにも効果が確認されている。

既に長崎大学とネオファーマジャパン社は5-ALAによるコロナウイルスの治療薬としての特許も取得。
研究を進めコロナウイルス最強の治療薬を開発するかもしれない。

5-ALAはあらゆるウイルスに効果がある?


長崎大学の北潔教授によると
この5-ALAはミトコンドリアを活性化させ
それによりあらゆるウイルスに対する抵抗力や免疫力を強化する効果があると語られている。

と、いうことはだ。
コロナ以外にも
  • インフルエンザ
  • マラリア
  • エイズ
など長年人類を苦しめてきたウイルス性感染症にも効果があるのかもしれない。

事実、元々5-ALAは有効なワクチンや薬が未だに開発されていない
マラリアの治療薬として研究されていたもので、
研究でマラリアのウイルスまで抑え込んでしまっているデータが出ている。

インフルエンザに関しても
徳島大学などが5-ALAの治療に関する特許を取得していて
研究データでも有益な結果が出ている。

そうなれば・・・エイズもそうだし今世界中を騒がしているサル痘だって・・・?
そうなってほしいと個人的に強く願っている。


5-ALAの様々な健康効果




5-ALAはミトコンドリア活性化成分だ。
ミトコンドリアは体内のエネルギー生産工場のようなもの。
それが活性化されるわけだから当然体力もすごいことになる。

またダイエット効果まである。
精神面のストレスや敵意の感情などの改善効果まで広島大学の研究で明らかに。
アンチエイジング効果まであるわけだから「万能選手」としか言いようがない。

元々体内で生成されるものだが17歳をピークにどんどん減少してしまう成分だ。
17歳までは無尽蔵のスタミナがあったのはこの5-ALAが活発に体内で生み出されているから。
幼少期などは1日中走り回って遊んでいても全く疲れを知らないのもこの5-ALAがたっぷりあるから。

  • 17歳までは太りにくいのも5-ALAが体内に多いから
  • 17歳まではストレスが溜まりにくいのも5-ALAが体内に多いから
  • 17歳までは若いのも5-ALAが体内に多いから
何でも「5-ALA」が原因で片付いてしまう。

では、年齢と共にどんどん減少していく5-ALAを補うにはどうするか?
納豆とかワインとか日本酒とか食品やアルコールにも含まれている成分だ。

しかし、効果を実感できる推奨量を摂取するには大食いタレントでも食べきれないほどの量が必要。
しかもそれを毎日だ。
つまり食べ物から満足のいく推奨量を摂取するのは不可能。

そうなれば今は市販されているサプリメントから補うしかない。
サプリメント購入時の注意点が1点だけある。
原料がネオファーマジャパン社のものかどうか確認が必要ということ。

5-ALAの製造特許を持っているのは世界中でネオファーマジャンパン社のみ。
しかし得体のしれない原料で「5-ALA」と標榜して販売している特許侵害のメーカーも存在する。
極端に価格が安いものは特に要注意。

ちなみに僕も飲んでいるけど疲労感の軽減とダイエット効果が出た。
コロナにも一度も感染していないし
何よりこれだけ効果が様々あるとシンプルに偽薬(フラシーボ)効果も働いている気がする。

この5-ALAの記事を作成したのは
この素晴らしい成分をもっと多くの人に知ってもらって国を動かしてほしいから。
一緒にこの成分の良さを広めていきませんか?

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら WEBのなんでも屋さん さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


田舎でフリーライターやりながら、ありとあらゆる情報が集まっています。
読んで役立つ、中身のある記事だけを更新。
ここでしか読めない情報ばかりなので、ここにたどり着けたあなたは本当にラッキーです。

おすすめの記事