メイン画像

元気なうちに○○写真を用意する!

元気なうちに○○写真を用意する!


葬儀社の人と葬儀についての打ち合わせをしていると
「故人の祭壇に飾る写真を用意してください」と言われます。
 
でも・・・。
 
写真なんてありません。
 
歳をとってから「もう写真はいらない」と避けていました。
 
でも、このための写真が要るんですね。
 
遺影に向いている写真は
 
・故人の人柄があらわれている写真
・ピントがあっている写真
・目線がカメラに向いている写真
・胸より上がはっきり写っている写真
・ネガではなく現像後の写真
 
 
祭壇に飾る大きな写真とはがき大の小さな写真はフレーム付きで、
小さなお葬式の小さな一日葬以上のお葬式にはセットでついています。
 
 
残された家族があわてないためにも、写真は撮ってもらってたほうが。
 
余裕があるなら、プロのカメラマンに撮ってもらうのもオススメです。

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら ひろさっち さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


【終活・人生の最期を迎えるためのさまざまな準備】75歳になった団塊世代のおばあが、自分のために|ある日、喪主になることになった子どものために|「自分の後始末」について|TOPVIEWで綴っています|

おすすめの記事