メイン画像

命短し恋せよ乙女②

命短し恋せよ乙女②



AIに指示を出し、恋愛小説を書いてもらいました。
ちょっと指示の出し方を間違えてしまって、漢字も間違えた指示をしてしまいましたが、そのまま掲載します。

【指示】
「命短し、恋せよ乙女」をテーマとした太正浪漫堂が感じられる1000文字程度の短編小説を書いて



命短し、恋せよ乙女
 
赤い織物がほのかに香る古い書店、太正浪漫堂。そこに佇む、ひとりの乙女、紗奈。
 
紗奈は幼い頃から本が好きで、太正浪漫堂という書店に足繁く通っていた。その店には、いつも温かな雰囲気が漂っていた。
 
ある日、紗奈は太正浪漫堂で一冊の本に出会った。その本の表紙には「命短し、恋せよ乙女」という大胆なタイトルが躍っていた。
 
紗奈は興味津々でその本を手に取ると、一気に読み進めていった。その物語は、命が尽きるまでに恋をするべきだという、瑞々しいメッセージを伝えていた。
 
太正浪漫堂は、紗奈にとって特別な場所だった。そこで出会った本との一冊一冊の出会いが、彼女の心に触れていた。
 
ある日、紗奈は太正浪漫堂の店主とおしゃべりしていると、彼から愛の話を聞くことになった。
 
「紗奈さん、恋をすることって、すごく素晴らしいことなんですよ。命は短いけれど、その中で愛に満ちた時間を過ごせるなら、とても幸せだと思うんです。」
 
店主の言葉に、紗奈は心が躍った。彼女は思い切って、夢中になれるような恋を探し始めた。
 
紗奈は出会いを求めて、街を歩き回る日々を送った。しかし、なかなか心を動かすような出会いはなかった。
 
ある日、紗奈は偶然にも一冊の本を手に取った。その本は、太正浪漫堂の店主が紗奈のために選んだ、特別な本だった。
 
紗奈がその本を読むと、彼女の心は揺れ動き始めた。物語の中に綴られた恋愛の魔法によって、彼女は恋に落ちてしまったのだ。
 
彼女は恋することを決意し、その想いを胸に秘めて過ごした。太正浪漫堂の店主がくれたこの本を読み返し、愛に満ちた世界へと浸っていた。
 
そしてある日、紗奈は街でひとりの青年と出会った。彼はまるで物語の中の騎士のように紗奈を守ってくれる存在だった。
 
彼との出会いは、紗奈にとっての運命の瞬間だった。彼との恋を通して、紗奈は本当の幸せと愛を見つけたのだ。
 
太正浪漫堂は、紗奈の新たな人生の始まりを祝福していた。彼女は恋をし、愛に生きることを選んだ。
 
命は短い。けれど、紗奈は太正浪漫堂の教えに従い、心躍る人生を謳歌している。彼女は太正浪漫堂から与えられた魔法のような本を胸に抱え、輝き続けるのだった。
 
「命短し、恋せよ乙女」という言葉が、紗奈の人生に永遠の愛と幸福をもたらしたのである。
 
【短編小説終わり】


この小説はAI執筆の短編小説です。
GPTチャットくん


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら しろやぎ さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


AIを使って記事を書いていきます。
これを機にAIを上手に使えるようになりたいです♪
なお、記事中にはプロモーションが含まれています。
アフィリエイトやポイ活などもたまに発信していきたいです!

おすすめの記事
2024/03/3 20:57 - Akinu@ハンドメイドショップ/コスプレ/小説執筆/自作ゲーム制作/絵描き
2024/02/18 15:57 - ライターチョコお茶
2024/01/31 16:35 - Akinu@ハンドメイドショップ/コスプレ/小説執筆/自作ゲーム制作/絵描き
2024/01/13 02:48 - Akinu@ハンドメイドショップ/コスプレ/小説執筆/自作ゲーム制作/絵描き