メイン画像

1930年2月6日 「映画『何が彼女をさうさせたか』が封切り。タイトルが流行語になる」

1930年2月6日 「映画『何が彼女をさうさせたか』が封切り。タイトルが流行語になる」


1930年2月6日、日本の映画史において重要な節目となる出来事が起こりました。この日、映画『何が彼女をさうさせたか』が公開され、そのタイトルが社会現象となるきっかけとなりました。


『何が彼女をさうさせたか』は、1927年に藤森成吉によって書かれた戯曲を原作としており、帝国キネマ演芸が製作した日本の長篇劇映画です。物語は、主人公の中村すみ子を中心に展開されます。彼女は家庭の不幸や社会の荒波にさらされながらも、生き抜く姿を描いています。


中村すみ子は、母親が男と行方をくらまし、父親が亡くなり、更に叔父に利用されるという困難な状況に置かれています。彼女はさまざまな職場で働き、絶望の淵に立ちながらも生きる意志を持ち続けます。しかし、孤独や絶望から逃れるために自殺を試みますが、幸運にも助けられます。その後、彼女は慈善施設に収容されますが、そこでも安らぎを見つけることはできません。


この映画は、当時の日本社会における貧困や孤独、そして人間の強さや希望を描いた作品として、多くの観客に感動を与えました。特に、タイトルである『何が彼女をさうさせたか』は、その深い意味と共に、当時の言葉遣いや心情を表現する流行語となりました。社会的な問題や個人の苦悩をリアルに描き出したこの作品は、当時の観客だけでなく、後の世代にも影響を与え続けています。


このように、『何が彼女をさうさせたか』は単なる映画作品にとどまらず、その内容と影響力によって日本の映画史において特筆すべき位置を占める作品となりました。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


「初心忘れるべからず」
今の自分は過去の自分の産物
世界の未来を見据えながら
過去に起きた「今日の出来事」
をお伝えします 🌎

おすすめの記事
2024/04/19 07:51 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛
2024/03/25 06:03 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛
2024/03/13 06:38 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛