メイン画像

1979年12月13日 「映画『1941』のプレミア上映」

1979年12月13日 「映画『1941』のプレミア上映」


1979年12月13日、アメリカで映画『1941』が盛大なプレミア上映を迎えました。この映画は、スティーヴン・スピルバーグが監督を務め、ロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルが脚本を手がけ、ユニバーサル映画とコロンビア ピクチャーズが共同製作した作品です。また、この作品はミッキー・ロークのデビュー作でもあります。


『1941』は、スピルバーグが『ジョーズ』や『未知との遭遇』に続いて手がけた作品で、その贅沢な演出や興行的な失敗にもかかわらず、後に一定の評価を得ることとなりました。冒頭から『ジョーズ』のオープニングをパロディ化したり、『サタデー・ナイト・ライブ』のキャストを起用するなど、独自の手法が用いられました。しかし、この映画の興行収入は振るわず、以降、スピルバーグはコメディ関係の監督を若手に任せ、自らは製作に専念することとなりました。


映画『1941』のモチーフは、太平洋戦争中に日本海軍潜水艦によるアメリカ本土砲撃や、ロサンゼルスの戦いなど、歴史的な出来事が取り入れられています。特に、伊17によるカリフォルニア州サンタバーバラのエルウッド製油所攻撃や伊26によるカナダのバンクーバー島攻撃がその背景にあり、アメリカ人の恐怖が引き起こしたロサンゼルスの戦いが描かれています。さらに、映画は1943年のズートスーツ暴動もモチーフとして組み込まれ、その時代の独特な社会的状況を反映しています。


『1941』は興行的には成功しなかったものの、その独自性と歴史的なアプローチにより、後に一部で再評価され、映画ファンや歴史愛好者によって注目されるようになりました。2008年8月には、ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン(現:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)からDVDが発売され、作品の保存と共有が続いています。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


「初心忘れるべからず」
今の自分は過去の自分の産物
世界の未来を見据えながら
過去に起きた「今日の出来事」
をお伝えします 🌎

おすすめの記事
2024/04/19 07:51 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛
2024/03/25 06:03 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛
2024/03/13 06:38 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛