メイン画像

1982年12月4日 「映画『E.T.』が日本で公開」

1982年12月4日 「映画『E.T.』が日本で公開」


1982年12月4日、日本で公開された映画『E.T.』は、スティーヴン・スピルバーグが製作・監督を務め、メリッサ・マシスンが脚本を手がけ、ディー・ウォレス、ヘンリー・トーマス、ピーター・コヨーテ、ロバート・マクノートン、そして若手俳優のドリュー・バリモアなどが出演したSF映画です。


物語のコンセプトは、スピルバーグが自身の両親の離婚後に抱いた寂しさと向き合い、それを元に作り上げた空想上の友人が基になっています。1980年、彼はマシスンとの出会いを契機に、失敗に終わったプロジェクト『Night Skies』から新たなストーリーを展開しました。


映画の撮影は1981年9月から12月にかけて行われ、1,050万ドルの予算が投じられました。特筆すべきは、他の映画とは異なり、若いキャストが感情をより自然に表現できるように、大まかな年代順に撮影されたことです。E.T.のアニマトロニクスは、カルロ・ランバルディによってデザインされ、映画制作において新たな技術を導入しました。


予算は約1,000万ドルでしたが、公開後にはアメリカ国内で約3億ドルという当時の映画史上最大の興行収入を記録し、『スター・ウォーズ』の全世界興収記録を抜いて、当時の世界歴代興行収入1位の記録を更新しました。日本でも、かつて『ジョーズ』が持っていた配給収入の日本記録を塗り替え、『もののけ姫』が登場するまでの間、最高配給収入記録を維持しました。


映画は批評家からも高い評価を受け、第55回アカデミー賞では、作曲賞、視覚効果賞、音響賞、音響編集賞の4部門を受賞しました。その後、1985年には再公開され、2002年には公開20周年を迎え、ショットや視覚効果、シーンの追加などが行われました。1994年には「文化的、歴史的、美学的に重要な作品」として、米国議会図書館のアメリカ国立フィルム登録簿に登録され、不滅の名作として認識されています。


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


「初心忘れるべからず」
今の自分は過去の自分の産物
世界の未来を見据えながら
過去に起きた「今日の出来事」
をお伝えします 🌎

おすすめの記事
2024/02/1 06:44 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛
2024/01/25 07:41 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛
2023/12/13 06:57 - @つよし 𝕋𝕚𝕞𝕖𝕋𝕣𝕒𝕧𝕖𝕝𝕖𝕣 🕛