メイン画像

日本の教え「あの夏、私がビニール靴を脱がなかった理由」

日本の教え「あの夏、私がビニール靴を脱がなかった理由」


皆さんは、この夏、お祭りに行かれますか?
 
そろそろお祭りの準備も始まりましたね。
 
お祭りと言えば、日本の夏の風物詩。
 
子供の頃の私にとっても、お祭りは特別な日でした。
 
夏祭りの時期になると、祖父母の家に行き、いとこたちと楽しい時間を過ごしました。
 
日中は皆で鬼ごっこをしたり、スイカや茹でたてのモロコシを食べたり、そして夕方になると、浴衣に着替えてお祭りに繰り出します。
 
おばあちゃんからもらった小銭を小さなお財布に入れて、金魚すくいや輪投げに挑戦。
 
ラムネのビー玉も、どうやって入っているのか不思議でたまりませんでした。
 
そして、誰もが大好きな、ふわふわの大きな綿菓子、帰り道には、水風船を手にしながら家に戻ります。
 
お祭りの夜は、家の庭で花火をするのが恒例でした。
 
でも、ある年、勢いよくついた花火が私の足の甲にかかったことがあり、私は「あっつい!」と、すぐに履いていたビニール靴を脱ごうとしましたが、母がそれを止めました。
 
なぜなら、皮が剥がれてしまう恐れがあるからです。
 
母は、靴を履いたまま、水道の水をずっと足にかけてくれました。
 
今でもその場所には、親指の爪ほどの小さく丸いやけどの痕が残っています。
 
お祭りは繰り返し耳に残る盆踊りの音、薄暗さの中の色とりどりの屋台、焼きトウモロコシやイカ焼き、綿菓子の匂い、色々な匂いの混ざったお祭りの匂い、そして、おばあちゃんちのお線香の匂い、夜寝る前の枕投げ、たくさんの思い出があります。
 
今は、AIとかVRを組み合わせた仮想お祭りが増えてきているそうですね。
 
時代の流れと共に、お祭りも進化していくのでしょう。
 
あなたは、お祭りの思い出がありますか?
 
今日もお聴きくださり有難うございました。

新刊「コンサル業1年目で専門家としてポジションが欲しければKindle出版とstand.fmをやるのが最短ルート」 
 
新刊「stand.fmから生まれた対談集 成功する起業家へのカイダン」
 
時間管理を見直しSNSを整えKindle出版してビジネスへの導線を確立したい方は
#サクラのKindle出版フルサポート
 
 

アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら 4月のサクラ先生 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


毎朝たった2分聴くだけでマインドセット | standfm 毎日配信・総再生数23万 | インスタフォロワー1万 | FP1級 | note「早起き習慣音声講座」| 無料プレゼント「サクラ先生のプレゼントメール」 | Kindle本「マインドセット」他 | Brain教材販売 | モットー「誰かの成長に立ち会いたい」

おすすめの記事