メイン画像

AIが書いた悪夢

AIが書いた悪夢



AIに出した指示
カテゴリ:ホラー短編小説
おおまかなあらすじ:最近悪夢にうなされる
包丁を持った男が追いかけてくる夢だ
顔は見えない
必死に逃げている最中に目が覚める
汗びっしょりかいて、夢も鮮明に覚えている
ある日、いつもと同じ悪夢を見ていると包丁を持った男に捕まりそうになった
そのときにはじめて顔が見えた
自分の顔だった





最近、私は悪夢にうなされることが多くなった。その夢はいつも同じだった。包丁を持った男に追いかけられ、必死に逃げる。男の顔は見えないが、その存在感は恐ろしく、私は汗びっしょりになりながら目を覚ます。
 
ある日、いつものように悪夢を見ていると、今度は男に捕まりそうになった。その瞬間、男の顔が見えた。そして、それは自分の顔だった。
 
私は目を覚まし、悪夢の余韻がまだ残る中で息を荒げていた。まさか、自分が自分自身に追いかけられていたなんて、あり得ないことだと思った。どうしてこんな夢を見るのだろう。私は普段、平凡な生活を送っているし、特別なこともない。なのに、なぜこんな悪夢に苛まれるのだろう。
 
不安が心を支配し始めた。私は次第に日常生活にも影響を受けるようになった。夜には眠ることが怖くなり、毎晩のように悪夢にうなされることで、日中の集中力も失われていった。
 
友人に相談しようと思ったが、どうやって話せばいいのか分からなかった。彼らには夢の中で自分自身が追いかけられるという奇妙な経験を理解してもらえるだろうか。私は孤独感に包まれ、ますます追い詰められていく。
 
ある晩、私は悪夢にうなされることを覚悟で眠りについた。しかし、その夜は意外な展開が待っていた。
 
夢の中で、再び包丁を持った男に追いかけられる。私は必死に逃げるが、男の距離はどんどん縮まっていく。焦りと恐怖が心を支配し、もう逃げ切れないと悟った瞬間、男が突然倒れた。
 
驚きながらも、私は男の顔を見る。そして、それは私の顔だった。
 
目が覚めると、私は汗びっしょりになりながら悪夢の記憶が鮮明に残っていた。しかし、今回は違った。追いかけてくるのは自分自身だったが、自分が倒れた瞬間に目が覚めたのだ。
 
その夢を通じて、私は自分自身に対する恐怖や追い詰められた感情を体験したのかもしれない。普段は見過ごしてしまう自分の内面の闇に向き合う機会を与えられたのかもしれない。
 
それからというもの、私は悪夢にうなされることはなくなった。自分自身への恐怖や不安を抱えていたのは、自分自身だったのかもしれない。
 
今は、自分と向き合う勇気を持ち、自分の心の闇を受け入れることができるようになった。悪夢が私に与えたメッセージは、自分自身を受け入れることの大切さだったのかもしれない。



この短編小説・サムネイルはAIにより作成されました。
オーダーメイドAI:https://ordermaid.ai/d/rvbgorlthshhxmji



アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら しろやぎ さんを応援しませんか?
メッセージを添えてチップを送ることができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


AIを使って記事を書いていきます。
これを機にAIを上手に使えるようになりたいです♪
なお、記事中にはプロモーションが含まれています。
アフィリエイトやポイ活などもたまに発信していきたいです!

おすすめの記事
2024/03/3 20:57 - Akinu@自作ゲーム、小説、手作りアクセサリー販売
2024/02/27 09:59 - しろやぎ
2024/02/23 23:51 - Akinu@自作ゲーム、小説、手作りアクセサリー販売
2024/02/14 03:53 - Akinu@自作ゲーム、小説、手作りアクセサリー販売
2024/01/31 16:35 - Akinu@自作ゲーム、小説、手作りアクセサリー販売
2024/01/21 04:53 - Akinu@自作ゲーム、小説、手作りアクセサリー販売