メイン画像

人は見た目より中身…なんてウソ

人は見た目より中身…なんてウソ


 

人は見た目より中身…なんてウソである


「人は見た目じゃない!中身だ!」

 

人生一度は聞いたことあるこのフレーズ。

たしかに、美女と野獣のような

カップルがいることを考えると

そうかもしれません。

 

しかし、はっきり言います。

人は見た目より中身…はウソなんです。。

 

 

この記事を読むことによって

見た目に対する意識が変わります。

 

 

意識が変われば思考が変わり、

思考が変われば行動が変わり、

行動が変われば習慣が変わります。

 

見た目を意識し、

肌をきれいにしようとする習慣

手に入ります。

 

もし、このままこの記事を閉じるなら

見た目を変えよう!と思う機会を失い、

知らず知らずの間に損をするかも

しれません。

(見た目の話はデリケートなので指摘を

してくれる人は滅多にいないからです…)

 

なので、今回をお伝えする

『人は見た目より中身…

          なんてウソ』

を読んで、あなたの見た目に対する

意識を再確認しましょう。

 

日本人は見た目で損をしている?



日本人のサラリーマンを

想像してみてください。

 

そう言われて思い浮かぶのは

次のようなことではないでしょうか。

 

よれよれのスーツ

小太りでバーコードな髪型

眼鏡

 

逆にアメリカ人の場合ですと、、

 

胸元をあけてカジュアルな服装

筋肉質ですっきりした短髪

目力の強いまなざし

 

 

日本人を少々

悪く書きすぎたかもしれませんが、

アメリカ人のイメージは大体

あっているかと思います。

 

それもそのはず。

 

なぜならアメリカでは

「太っている人は出世ができない。」

と言われるのが有名な話だからです。

 

 

ハーバード研究員の皮膚科医も

「外見力が足りない人もまた、

 出世ができないといっても過言では

   ありません。」

と著書に記載しており、

 

お隣の韓国では

男性でもファンデーションを塗るのが

当たり前な時代にもなっています。

 

これほどまでに

外見力が重要視されている今、

 

お肌やファッション、スタイルなど

見た目に力を入れることはもはや、

マナーや教養として捉える人も

出てきました。

 

 

謙虚で目立つのを嫌がる日本文化でも

あきらかに

見た目が重要視されるようになってきた

のです…

 

 

見た目が9割と言われる理由



日本でも見た目が重要視され始め、

最近ではこのような言葉を

よく耳にするようになりました。

 

『人は見た目が9割』

 

この9割というのは

どこからきたものでしょうか?

本当に見た目が9割も

占めているのでしょうか?

 

これはメラビアンの法則からきています。

 

 

メラビアンの法則とは

1971年心理学名誉教授の

アルバート・メラビアンによる、

 

メッセージと矛盾した行動が

他人にどのように影響を与えるか

 

を判断する実験からきています。

 

 

現在では

この実験が拡大解釈されており、

 

他人に与える影響は、、

 

55%が視覚情報

38%が聴覚情報

残りの7%が言語情報

 

つまり、

 

話の内容そのものが与える影響は

たったの7%で

あとの93%は見た目や話し方といった

非言語情報が占めている。

 

だから人は見た目が9割、

という言葉が生まれたわけです。

 

 

もちろん、

本来の実験内容とは異なる解釈だから

 

「見た目が9割なんて嘘じゃないか。」

 

と結論付けても良いかと思いますが、、

 

 

メラビアンの法則は

今では心理学の授業のみならず、

大手企業の新入社員研修でさえ登場する

いわば社会人の必須科目

 

ただの誤解ならここまで

普及することはなかったでしょう。

 

それほどまでに

世の中に浸透したということは、

 

メラビアンの実験結果と関わりなく

 

人は見た目で人の話を判断する

 

誰しも少なからず思い当たる節が

あるからではないでしょうか。

 

 

第一印象に2度目はない



直感的には、

人は見た目で人の話を判断することに

納得はできますよね。

 

しかし、学校教育では

「言葉」だけが伝達の手段

として教えられます。

 

「じぶんが言われて

 嫌な気持ちになることは

 友だちにも言ったらだめだよ。」

 

「友だちが助けてくれたら

 ありがとうって言うんだよ。」

 

 

だからぼくたちは

言葉がコミュニケーションのすべてだと

勘違いをしてしまいます。

 

 

では、

あの人とお近づきになりたい…

こんな状況の場合はどうでしょうか。

 

 

どれだけ優しい性格だとしても

どれだけ誰もが認めるいい人だとしても

 

 

君と話してみたい!

 

あの人がそう思ってくれなければ

じぶんを知ってもらうチャンスすら

ないのです。。

 

 

第一印象に2度目はない

という言葉もありますが、

 

荒れた肌、汚れた服、たるんだ体…

これらでは他人に与える印象も

おそらくよくはないでしょう…

 

 

実はあなたも見た目で判断している


ここまで読んでも

もしかするとこのように

思っているかもしれませんね。

 

「それでもわたしは

 見た目で判断したことはない。」

 

ぼくも学校の先生から

人は見た目で判断してはいけない。

そう教わってきたのでわかります。

 

 

では想像してほしいのですが、、

 

 

  スーパーで

  リンゴを買いに行くとします。

  家族で夕食後に食べるための

  デザート用です。

 

  スーパーに到着し

  入り口付近で山づみにされた

  リンゴコーナーまでくると、

 

  1つずつ手に取りながら

  重さを比べたり

  変色しているところがないか

  チェックしたり

 

  入念に確かめながら

  あなたはリンゴを2個手に取り

  レジに向かいました、、、

 

 

この話を想像してなにかおかしな点は

あったでしょうか。

ごくごく当たり前の話だったと思います。

 

 

当たり前のように

リンゴを見た目で判断して買ったのです。

 

 

なにも悪いことはありません。

ただ事実として、

 

人は誰しも

無意識に見た目で判断することがある、

 

ということです。

 

 

さいごに


人は見た目が100%…ではないけれど

見た目の変化は

人生を変えることすらある。

 

これはぼく自身がアトピーという

肌トラブルに25年間悩み続け

 

人の目が怖く、、

着たい服も着れずに、、

外に出ることすら嫌になり、、

 

「薬がないと

 生きていけない人生なのか。。」

 

と人生を半ば

あきらめかけてた日々から、

 

 

肌をきれいにすることで、

 

 

人の目をまっすぐ見ながら笑顔で話し、

肌の露出を気にすることなく

好きな服を選んで、もっと外に出て

たくさんのことを経験したい!

 

そう思えるようになったからこそ

自信を持って言える言葉です。

 

 

世の中にはまちがったスキンケアや

知識がまだまだあります。

 

きれいになって自分を変えたい!

そう思って行っている

日々のスキンケアがむしろ、

 

しわやしみ、乾燥肌の原因に

なっていることも少なくありません。

 

だからこそ、

正しく効果的なきれ肌作りを

提供することで

肌トラブルに悩む方の人生を変えること。

 

それこそがぼくの仕事だと心に刻み

これからもお役に立つ情報をお届け

します。

 


アカウントを作成 して、もっと沢山の記事を読みませんか?


この記事が気に入ったら Mao/ 正しい美容だけを発信 さんを応援しませんか?
メッセージを添えてサポートする事ができます。


この記事にコメントをしてみませんか?


🚫人は見た目より中身…とは限らない。👩‍⚕️人生を変える正しい美容健康・スキンケアの知識を伝えています。✅Instagramで毎日きれ肌へのヒントを発信中です、登録してね。

おすすめの記事
2023/01/30 01:41 - ショウ(フォロバ100) / お得情報を誰よりも最速でお届け!!
2023/01/22 13:38 - ショウ(フォロバ100) / お得情報を誰よりも最速でお届け!!
2023/01/18 24:12 - Aisti~アイスティ~@ECショップ
2023/01/8 12:09 - ショウ(フォロバ100) / お得情報を誰よりも最速でお届け!!
2022/11/20 13:30 - ショウ(フォロバ100) / お得情報を誰よりも最速でお届け!!